行走的彩虹


by linkh3

<   2016年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

というかなりは


それと、そこの短冊にあたしの願い事を書いておいたから、一年間おつきあいしたドビュッシー氏から離れて、心はブラームス氏へ。といっても、ほとんど知らないに等しいので、ブラームスのピアノ独奏曲ばかりを集めたCD5枚をiPod(久しぶりに使った)に入れて、延々と聴いている。



世の中にわたしの知らないピアノ曲は星の数ほどある。「一般的に有名な曲を特に弾きたいというのでなかったら、こんなのはどう?」と、先生に薦められた北欧の、(名前も初めて聞いたので今ど忘れしている)作曲家の曲も聴いてみた。



それはさておき、
ここ数年「ながら」がとても苦手になって、運転するときや料理するときくらいはラジオを聴くこともあるけれど、それ以外の時に音を鳴らすことは(TVもふくめ)ほとんどなくなった。

昔はよくCD(あの頃はMDか)を流しっぱなしにしていたので、今でも子ども達がある曲を聞くと「私が幼稚園の頃お母さんがよく聴いていた歌だ」と言うこともあるし、彼らの子供時代の記憶と曲が結びついていたりもするらしいのだけど、選曲権がわたしになくなってから流さなくなって、わたし自身も遠ざかったのだ。



そのわたしが今日は一日中音楽を流していた結果、耳には幸せだったけれど、かなりぼんやりと時間が流れてしまった気がしている。
外を歩いていてもうわの空で、なにもしっかりとは見ていなかったと思う。

おばさんのうわのそらは怖い。
客観的に思い返してみると反省点しかないので、自分はもう不器用になった(不器用さをカバーしていた若さがなくなった)のだと諦めて、歩き「ながら」は止めようと思う。



スマホもそう。
外出先で、娘からLINEが入ってそれに返信して、ついでに他のことも調べたりして、気づくとスマホばかり見ていて回りが見えなくなっている。

別に、人にぶつかるとか、そういうアクシデントがあったわけではないけれど、記憶としてぼんやりする。それでなくてもぼーっとしがちなのに、振り返った一日がもわ~っとしているのはきっと、暑さのせいばかりではないんだろう。



と、ブラームスの6つのピアノ小品を聴き「ながら」書いた。



明日は、なにも聴かず、スマホもバッグから出さず、ピーンとアンテナを張って、

暑いからと言って外に出ないとほとんど動かない一日になってしまいがちなので、今月は、いや、とりあえず今日は、「家の片づけの日」と昨夜のうちに決めていた。



洗濯をしながら、まずはモチベーションアップにとYouTubeで片付け系の動画を、コーヒーを飲みながら観る。(←なんか違うと思うけど、いき身体が動かない)



とんでもない汚部屋がみるみる片づいていくのを観るのは面白い。いやあ、どうしてこんなに散らかるんだろう、うん、うちは大丈夫だ、特に片付ける必要ないぞ……って、それじゃだめなのだ。



カラーボックスや突っ張り棒や、100均でいろいろ買ってきて工夫する系や、ホームセンターを巡って大物家具を作るDIYも、見ていると面白い。でも、うちには必要じゃないし、ものが増えるのは避けたい。



さらに、なんにもない系の人の部屋を観てみる。物が少ない、ほとんど無くてきれいさっぱり。床が全部見えているのは掃除が楽そうでいいなあ……とは思うけれど、ちょっと方向性が違う。



などなど、見ているだけでは時間が経ってしまうだけだ。

まあ、分かっていたんだけど。
[PR]
by linkh3 | 2016-11-08 11:58 | 食物檔案
我這次是去九龍旺角亞皆老街的朗豪坊辦公大樓41樓裏的Dr reborn旗艦店做的醫療美容,去年我也有在Dr reborn打了一次透明質酸去皺,價格不到一萬,但效果特別理想,醫師做完了馬上就見效,皮膚上不僅皺紋少了,整個臉部回到水水的狀態,這狀態維持了十個多月。

這次我決定試下透明質酸補濕嫩白針,諮詢了下醫師說透明質酸補濕嫩白針,是將穩定性透明質酸平均注射於真皮層上,為缺水肌膚細胞持續補濕,同時穩定性透明質酸注入皮膚後會拉緊周邊組織,刺激骨膠原及水份的增加,達到改善毛孔粗糙、暗黃等系列問題,整個療程費用也僅在一萬左右的價格,這價格真是太實在了。我馬上就做了,整個療程不到半小時就搞定了,非常快。出來我對著鏡子仔細看了上,臉上肌膚細滑有光澤,顯得十分白皙剔透,完全就是18歲的肌膚狀態,太水嫩了。

最後,再給大家科普下Dr reborn這家香港高端醫學美容服務品牌,它是香港最大醫學美容服務商,有許多香港明星代言過,像鐘欣潼、溫碧霞等都是這品牌的代言人來的,專業、安全等方面都是十分有保障的,最重要的是去過Dr reborn做美容的都說好。
[PR]
by linkh3 | 2016-11-08 11:57 | 食物檔案

は何もいるにして

---
8月は大変なことばかりだったから、そろそろ、何かいいことがあってもいいのに、と思っている。
でも、その「何か」が何であるかは想像しないでおく。家を買って引っ越した先の隣人が殺人者だった……というのは、先に読んだ『クリーピー』という小説の設nuskin 香港定だが、そういう話は心のどこかで「あるかも」と思うからこそ怖い。世の中には悲惨な事件やニュースが溢れているし「悪い偶然」はどこにでも転がっていて、いつ巻き込まれるか分からないと恐れているところがある。



ところが、思いもかけない「いい偶然」がお話の中に出てくるとなると、とたんに「そーんな都合のいいことなんかないよ」と却下したくなるのは何故なんだろう。たとえば、家を買って引っ越した先の隣人が、行方も知れなかったこの世でただ一人の血縁者だった……なんていうことは、設定としてあまりに都合が良すぎると思ってしまいがちだ。



いい方も悪い方も、もしかしたらどちらも同じくらいの確率で「あり得る」(あるいは、あり得ない)のかもしれないのに、わたしは「いい偶然」の方には簡単に「あり得ないあり得ない」と半笑いして、目の前でひらひらと手を振nuskin 香港りたくなるのだ。夢がないなあ。



だけど、本来、わたしにとって「物語」は、特に子供の頃の読書体験は、そういう「いい偶然」や「思いもかけない良い展開」を楽しむためのものだったんだよなぁ……



……ということを、先日『ジェーン?エア』を読み終えてしみじみと思い出した。

そのくらい、「都合の良すぎる偶然」が多々ある話ではあったのだけど、それも含め、久しぶりに子どもの頃の読書を思い出すような、胸おどる物語だった。
---朝から窓を閉めたままエアコンをつけていた8月のある日、ベランダからカチカチ?カチカチ、と、ゆっくり回る歯車のような規則的な音が聞こえました。あまりに長くそれが続くので、外に出て音の出所を探してみると、サンパラソルの赤い花の下に、セミが一匹とまっているのでした。



そのうちに飛び立つだろうとそのままにしていましたが、それから何時間も経った午後にも、カチカチ?カチカチは聞こえていました。でも、もう一度窓寶寶食物過敏を開けて外を覗いても、同じ場所にセミはいません。近寄って探すと、もっと下の方の土の上、鉢の縁につかま、セミは黒いふたつの目を覗かせていました。



そこで死なれても困るんだよね……



素手で掴む勇気もないので、部屋から持ってきたティッシュを2枚ふんわりと被せ、その上からそっとセミを包み上げました。途端に身じろぎするのではないかと構えていたのですが、手の中のセミはじっとしたまま空気のように軽く、まるでもう、そこにかのようでした。それでも、ベランダの外に放ると、ジジジッと音を立てて飛び立ち、すぐに視界から消えていきました。
いいえ、ただ、落ちて行っただけかもしれません。
[PR]
by linkh3 | 2016-11-01 11:52 | 美文分享